息子たちに翻弄されつつ 珍行動をちょっと期待している毎日 ♪おかんの本名ご存知な方もコメント下さいな♪( ̄▽ ̄)カモーン
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週の出来事


おかん電話でベンダーさんと
契約書の交渉
揉めまくり…

三十分近く
あ~でもないこ~でもない


キャビネの中で
携帯がなってます


業種的に
業務スペースでの
携帯使用は御法度


スルーするしかこざいません


電話をきった途端

お姉さん『おかんさん
学校から電話入ってますけど…』

外線から来ました( -_-)

時刻は14時

奴らはまだ学校



何事~?(ToT)



とんきちが
怪我をしたらしい


頭なので
すぐに病院に連れて行けと…


すぐ?

ここから学校までは
軽く一時間…



緊急を要する事態なのか(゚o゚;


緊急を要するなら
マジ救急車プリーズ!


とりあえず
詳しく聞いてみた




ブランコから
飛び降りて遊んでて

つんのめって転び

地面に頭をぶつけて
すりむいた


校庭、土だよね
で、おでこだよね


その後
五時間目のテストは受けてる


メイビー
ノープロブレム

が…
たぶん学校のフロー的には
『患部頭→病院』
なんだろうね


たまたま
トトロ近くにいたので
引き取り依頼

後は実家に頼んで
要経過観察



はい。
ダメな母です。


でも
絶対大丈夫

だって
アタイの遺伝子ありありな彼だし

『頭を打った』
で病院に連れて行く度


地方都市故に
少ない『脳外』で三時間まって

見た途端『大丈夫すね』
診療二秒でしたしね


お土産に
『頭をうったからって
テンパらない為の本』
までいただいてるし


とりあえず
揉め事は自称大岡裁きして


とんの携帯に連絡


おかん『大丈夫?』

とん『今揚げ物手伝ってっから、後でねヾ(≧∇≦)』


無根拠に近かった大丈夫が
やっぱ大丈夫に昇格


学校に連絡すると…

担任『病院は…?』

おかん『経過問題なしなので
特に行ってません』


担任『そ、そうですか…』


おかん『はい。』

担任『あー、、、
で、では次回何かあった時は
病院行っていただけると助かります』


次回って…( -_-)



次回がないことを
願っていただけると
助かりますが(゚Д゚)マジデ!!


続いて
ちんぺいの携帯に電話

とんきちが帰ってこなくて
てんぱってないとよいけど…


おかん『ちんぺいお帰り!
今日ね学校で兄ちゃんが…』

ちん『怪我したんでしょ!』


おかん『そう!
だからまーちゃんちに行ってるの
って、何で知ってんの?』

ちん『帰りに○(←兄の天敵)が
お前の兄ちゃん怪我したんだぜ
ダッセーって言ってきたから
思いっきり蹴っ飛ばしてきた( ̄0 ̄)』

さ、さようですか(゚◇゚)


相手は年上だから
咎めませんが…


これ以上、怪我なきよう
お願いしますね(^。^;)
スポンサーサイト
先日
社会科見学に行ってきたとんきち

小学校中学年の社会って
『わたしたちの○○(地名)』
が教科書

おかんの時もそうで
国から支給される
『四年社会』
の教科書は使用せず

子供ながらに
もったいないな~
と思ってましたが
未だそのようです(^◇^;)


今住んでるのは
おかんの地元と
隣の市なんだけど

県をまたいでるから
地域密着な社会科では
習う内容が微妙に違います

ん!?
時代の違い?

まぁ、ここら辺のことは
よく解らんわけです



土曜日はスイミング

三匹連れて車で向かう最中

とん『社会科見学でここ通った』

おかん『へ~』


見ると
松尾芭蕉の像


ちん『誰?あのおっさん』


これは
おかんの地元にもあるから
おかんでも知ってる(・∀・)

おかん『松尾芭蕉だよ』


とん『そうそう!
世界中を旅しながら
慣用句を作った人だぞ(*゚▽゚)ノ』



ちと…
グローバル過ぎやしないか?


そして…
慣用句ってあんた(ToT)



社会科見学
行った意味はいずこ?

本人楽しかったようなので
ま、いっかヾ(≧∇≦)
朝練?初めて三日目の出来事

おかん寝坊


時刻は6時(゚Д゚;)


とんきちを起こす


が、奴もお疲れ?


起きねぇ(T_T)


でも起こす

今走ったら
今日仕事になんのか?
思いながらも起こす

起きてきて
開口一番

とん『俺、野球辞める』


そうきたか?



おかんの子ですから
『今』嫌なものは嫌


全然想定内( ̄∇ ̄)


おかん『なんで?』

とん『昨日もパパに
辞めちまえ言われた』


おかん『へ~』


とん『もう罵声コーチも嫌なんだよ!』


うん
知ってるよ


おかんも嫌


おかん『で?』


とん『だからもういい、辞める』



気持ちはよーく解る

でも…
今走れねぇが一番かなσ(^_^;



おかん『パパが言ったから、は
よくないと思う』


とん『はぁ?』

おかん『辞めたのを
パパのせいにするじゃん?』


とん『うん。。。』


おかん『罵声氏のせいもダメ』


とん『なんでよ?
マジもうあいつ無理』 


おかん『罵声氏で一番嫌な思いしてる罵声Jr.も
一番とばっちり受けてるキャプテンも
がんばってるから』


とん『。。。』


おかん『仲間に相談してみたら?』


確かに
そこまで野球は好きじゃないんだろう

でも
それでも辞めたくなかった原因は
たぶん仲間


だから
託してみました


朝からそんな話したら


言えるのかな

辞めるって言ったことが原因で
イジメにあったなんて話も
聞いたことあるような…

あ~心配になってきた


が、
もう、信じるしかない


祈るような気持ちで
一日中過ごし
仕事何をやっつけたかも
よく解らないまま帰宅


こっちが聞く前に

とん『キャプテンに
だめって言われたよ』


ダメ出しされたのに
どこか嬉しそうな顔


おかん『で、どおすんの?』


とん『辞めんの辞めた』


おかん『嬉しかったんだ』


とん『うん』

自分でも
足を引っ張ってると
感じてたんだね

だからって
一生懸命練習して…
とならないところが
毎度トトロをイラつかせてるんだけど…

おかん遺伝子としか
言いようがない(T-T)スマン


彼に必要なのは
たぶん
自分の存在価値を
自分で認めてあげられる自信


努力が自信をうむことを
体感出来てない彼

おかんの辞書に
『努力』の単語か加わったのは
二十歳過ぎだったなぁ(^◇^;)ダメジャン

だから今は
仲間を信じてよかった

他力本願だけど
今は走り続けることを
優先してしまいました

凹んで、立ち直って
また凹んで

これから何度も
繰り返すんだろうね


おかんが出来ることは
トトロを黙らすこと位(笑)

しっかり
伝えておきました( ̄∇ ̄)



雨降って地固まってみると

とんきちってば…
別れる気なんぞないのに
気を惹きたくて
『もうっ別れる!』って
口走っちゃった
女子校生みたいじゃね?


彼女が出来るまでに
克服しろ~(笑)


で、朝練は?( ̄∇ ̄)ハテ?
先週
ちんぺいの連絡帳に
先生から気になる言葉が

トトロがコメ返ししましたが
翌日学校から着信あり


学校で
先生とお話することになりました


ちんぺいは
とにかくとにかく
かんなり心配になる位に
マイペース君


ちょっとズレてて
優しいから
いじめにあっちゃうんじゃないか?

すごくすごく
心配な子


でも野球をしてるときは
話もちゃんと聞けるし
すごく周りを見れる


一年生の時は
案の定いじられて
よくトラブルを起こしてた

でも今は

喧嘩しぃしぃも
野球のみんなと
練習の後には一緒に遊び
楽しく過ごしてくれていて


ちょっと安心してたんだけど…
でも
呼び出されちゃった


算数は割と得意だから
バランスの問題ですが


書くことが
すごく苦手で

色々な所で皆から遅れる

でも
本人は

セロテープを
おへそにバッテンに貼って
『バンドエイド!』

楽しくて可愛いんですが

このままでは
まずいと思っています


はい。
おっしゃる通りです。。。



ちんぺいの今年の担任は
50代の女性


おかんの苦手な
カテゴリーなはずなんですが


話し方
姿勢
表情

どれをとっても
『神』なのです


たぶん
今までの苦手カテゴリーからの
ご指摘だったら

『クソばばあ』
の一言で

めげてた気がします


でも神は
『お母さんも大変よね
でも、隣の家の子だったら
たまらなく愉快で
たまらなく可愛いちんぺい君よね

私もそう
隣のクラスだったら
たまらなく愉快で
たまらなく可愛い子なの

でも、お母さんだし
私は担任

一緒に協力して
ちんぺい君がよい方に向かうよう
頑張りましょう』

神~!!(T_T)


工夫の仕方のアドバイスを受け
帰ってちんぺいに伝えました


言われたことを
ちゃんとやらないと

皆と一緒のクラスには
いられない


ちんぺいの口から出た言葉



ちん『野球は?』


そうだ
おかんはそこまで
考えが及んでなかったけど

うちのチームは
受け入れ体制がないから

一般クラスにしか
募集チラシも入れてない


皆と野球が出来ない


それは
ちんぺいにとっても一大事


翌日は
言われたことを
普通にこなし

おかんに頼まれた事も
忘れずやっておいてくれました


これを
持続させるのが
おかんの役目


持続性のない
おかんのお腹に
ちんぺいがきたのは
やっぱり運命なんだね


おかんの子に
産まれてきてくれて


ありがと





頑張ります!
先週
久々IKEAにいってきました

お目当ては…

ボールプール(≧▽≦)


買い物は?


うーん。。。


まぁ無いんだけどさ

前回行った時は
かんたオムツとれてなくて
入れなかったからね

で、とんはもうNGかと想い
この前ちんぺいと二人
連れてこうかと思ったら

ちんぺい
遊びにいっちゃったし(前回参照)

かんたも着いてったくせに(笑)
納得してないので…


かんたの一番の仲良し(双子)に
つきあってもらい
行ってきた


三連休のせい?

二時に出て
ついたの三時半( ̄△ ̄)


いつもなら
15分で着くんだけど…


ボールプール
100人待ち!

めげかけたけど
後にはひけない
片道一時間半

が…
『本日の受付は終了しました』



ダーッ!!ヽ(゚Д゚)ノ


どぉすんだ?


この盛り上がっちゃってる
三匹…



どぉしろと???


普通に連れて回りました( ̄∇ ̄)


普段は買い物飽きちゃう五歳も
さすがIKEAさん

あらゆる工夫で
飽きませんね

ましてや
大好きな友達と一緒


かんたご満悦ヾ(≧∇≦)
たなくみちゃんに感謝!


気づけば三時間近く経過


お留守番チームの事
すっかり忘れてました(^-^;


お土産は
IKEAチョコレート

でもって
明日の朝ごぱんに
ホットドック10人前セット


ボールプールリベンジを誓い帰宅


翌日は早速
ホットドック

五人家族ですから
10人前はペロリ


半分セルフの
IKEAホットドック
おかんも楽チンでした(≧∇≦)


この日から
帰りの自転車で


かん『明日の朝ご飯は
ドックフードね(≧▽≦)』


ちょっと
違うかな(笑)


かん『ママのドックフード
おいしいからさぁ』


すれ違う人に
めっちゃチラ見されますけど…


かん『俺、ママ名人かと
思っちゃった(≧▽≦)』


おかん39歳
ドックフード名人


名誉!?
とんちんトトロ所属の
野球チーム

決して熱血ではないけど
今の子供とコーチの配分で

四年生と
三年生以下とが
別練習が多く

練習後の
『今日あそべる?』も
別行動が多い


兄弟組が多いから
一緒に遊ぶこともあるけど

兄チームは
親から『保育士』を
強いられちゃうので
弟達にみつからないように
そんな時だけは
めっちゃ俊敏に家を出る(笑)


兄に置いて行かれた
弟たち

時間も場所も
ぐだぐだな待ち合わせ

まだご飯を食べてる間に

ピンポーン♪


ちんぺい『行かなきゃ!』
かんた『あ、俺も!』

かんたも!?(゚◇゚)

おかん『待ち合わせしてたんじゃ…』

ちん&かん『行ってきまーす!』

おかん『ちょっと待ちな…』

チャララチャッチャ~♪

電話なってるし-_-#

着信は
三年生だし

くー『どこで待ち合わせか聞いて~』

つーか…
まずは名乗れよ(゚Д゚)


下を見ると

ちょっちょ、みーくん、ちんぺいの
二年生組の後に
いくらちゃん状態で着いてくかんた

おかん『くーから電話だよ
どこ行くの?』


ちょっちょ『くーんち!』

電話でくーに伝えながら
下を見ると…


逆方向だしっヽ(゚Д゚)ノ


行けなくはないけど
遠回り&車が飛ばす道(&歩道狭し)


おかん『ちょっと待った~!』


四人組『じゃーねー』
( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)


マジかっ(゚Д゚)オイッ


慌ててチャリの鍵をつかんで
家を出たけど


エレベーターこないし~(T_T)


降りてすぐ
見渡したけど


いない~(T_T)


チャリでダッシュ!
左折っ!


いない~(T_T)


更にダッシュ
また左折っ!

危険通路へっ

見えない~(T_T)


またダッシュ!



いたー!!(≧∇≦*)



が…


奴らもダッシュ!(T_T)ナゼ?


車ビュンビュン

が、一列に並んでダッシュ!

アラフォー
立ちこぎです(゚Д゚)ドルア!


追いついたのは
くーんちの前だし(T_T)


おかん『あんた達さぁ』

四人組『勝ったー!』
(≧∀≦)(≧∀≦)(≧∀≦)(≧∀≦)


ふぅ。。。-_-


ここに
くーが加わった五人組…

既に
くーの隣りのうちは
雨戸締め始めたし( -_-)マダ3ジ

揃った途端に
苦情スレスレの君達

どこで遊ぶ気ですか?


くー『野球やろーぜー!』


四人組『やろーぜー!』


近くに
野球出来る場所なんぞ
ありませんが…


仕方ない

おかん『ボールOKな公園まで
送ってくよ』


五人組『いこーぜー!』


数メートル歩くだけで

ちょっちょ『いいもん持ってきた!』
四人組『何何?』


火薬で音だけ出るピストル…


まさかここで…


くー『貸して貸して!』



パーンッ!!


う、うるせぇ( -_-)



車移動に予定変更



車内では…

ちょ『おかんも一緒にやろーぜ~』

おかん『やだよ!』


公園につき

くー『ミニゲームやろーぜー』


てか…
誰もバット持ってきてないし(笑)


くー『とってきてよ!』

おかん『やだね!
じゃあ後で迎えにくるから!』


ちょ『ここにいろって』

おかん『買い物行くから無理~』

くー『あ、じゃあパン買ってきて!』


あたしゃパシりかぁヽ(゚Д゚)ノ


皆さん諦めて
遊び始めました


生意気でやかましくて
まだまだ赤ちゃんな野球少年達…


個性派揃いですが
喧嘩しぃしぃ
『仲間』しちゃってます


13186783807891-1.jpg




すげー可愛い!


のんびりマイペースなちんぺいの
たくましい仲間達


先がとっても
楽しみ~(≧∇≦)


兄達の試合の後は
三年生以下で練習試合

三年生以下は
全部で9人

この日は
二年生が二人お休み


たりない二人は
打順8番9番の四年生が外野に…

とんきちまた入ります



あちらも三年生ピッチャー

力任せに打った打球が
とんきち初ランニングホームラン


たとえ三年生相手でも
ランニングでも

嬉しかったようです


自分の事のように
大喜びのちんぺいは
キャッチャー


技術はなくても
やる気だけは満々!


いい声出てます


ボールがぶつかっても
ポロッとやっちゃっても

凹むことなく
黙々とボールを追う姿

やや…汚れすぎですが…

1318599527003.png





兄にはなかったこの一面に
こちらもちょっと感動


最初で最後になるかもしれない
兄弟二人参加の試合も
勝利となりました


こんなに
嬉しい事が続くと…


翌日はちんぺいの担任に
お呼ばれのおかん


逆に不安(・_・;)


先月、久々にコーチ会議があり
コーチが次年度、
低•高どちらに所属するか
暫定的に決まりました


自分の子がいる方が
基本ですが

卒業してしまう子の父
既に卒業後なのに
お手伝いしてくださってるコーチは
進退も含め

また、
子供が低•高にまたがるコーチは
どちらに行くのか


低学年は
まぁ、半分託児所なので、
『野球』を見たいトトロは

ちゃんと野球をしたい気持ちと
今年みっちりみた
三年生以下を見たい気持ちと
どっちもあったようですが…


かんたも入るだろうからと
暫定低学年



とんきちはいよいよ高学年
次年度からは…

現監督殿と
罵声氏にお任せすることになります


そこで
トトロから出た言葉


『とんきち、お前辞めれば?』


練習開始が早いとぼやく度…
素振りしろに従わない度…


『そこまで好きじゃないんだから
辞めちゃえよ』


とんきちは
無言…


そして先週、
監督からトトロに
ポロッと出た言葉


『まぁ、とんきちが出れるのも
今だけですからねぇ』


自分が生半可関わったから
今とんきちは出てる


自分が低学年にいったら
そおいうことか…


ただでさえ
墜ちまくってるテンションは
更に急下降

加えて…
最近はとんきちを見かねた
他のコーチからも
『何でとんきちに個人的に
教えてやらなかったの?』


おかんも
ずーっと、
ずーっと、言ってた


でも
やる気ない奴を
自分の子だからって
特別扱い出来ない

やる気ある奴に失礼だ
コーチである以上
それは出来ない

一コーチとして聞けば
素晴らしいと思う

でもさ
あたしは
とんきちの母親だ


不甲斐ない我が子

でも
貴方と私の宝物じゃん?


どうにかしようって
何で思ってくれないの?

自分の非力さに悔しくって
沢山泣いた


『可哀想なことしたけど
もう遅いよ

辞めさせてやった方が
いいかもな』


ドッカーン!ヽ(゚Д゚)ノ

おかんは
ものすごーく
往生際が悪い

もうすぐ四十になると言うのに
仕事も今のままでは終わらないと
アレコレ勉強している

まだ10歳の子つかまえて
もう遅いだ?
誰も甲子園連れてけとは
言ってない


劣等感に負けて
逃げるように辞める事を
望んでいないだけだ

劣等感は
人をダメにする


で、
全くをもって
野球なんぞ解らんが
一緒に朝練をしてみた


一緒に公園まで走って
キャッチボールを
とんきちに教えてもらって


ノックなんて出来ないから
投げたボールを
捕らせるだけ


意味なんてないかもしれない


無駄に疲れるだけかもしれない


でも本気で応援してる事が
伝わるかもしれない


そして
試合に望んだ月曜日


とんきちは
スタメン外れ


頑張ってる子達で
あれよあれよと13点get


余裕出て来たため
ピッチャー交代

とんきち


でかい左利き

確かに威圧感はあるよ


ストライクはいればね~



と思って見てたら


『とんきち大丈夫だ!』
内野に替わった
キャプテンの声に


『打たせていいよ!任せて』

『入るよ!』


内野の皆が続く




キャッチャーは
チームで一番の仲良し

とんきちの暴投も
見事キャッチ



皆が
へなちょこピッチャーを守ってる

当たり前なんだけど
仲間なんだなぁ。。。
ちょっと感動


どうにか1失点で抑えて勝利

本当に
『今だけ』の
思い出作りなのかもしれない


試合に出れることは
なくなるかもしれない


でも
仲間と過ごすことで
『何か』を感じ取って欲しい


やっぱり
もう少し見守っていきたいなぁ


そう感じた
おかんでした
長い長い
おかんの!?保育園生活最後の
運動会でした

9年前
二歳のとんきちのかけっこを
ドキドキして見守り

年長さんのリレーを見て
『お兄ちゃん速いっ!!(*゚ロ゚)』

感動したのが


過ぎてしまえば
ついこの前のようです


2歳だったとんきちは
もうすぐ母の背をぬかしそう

お腹の中にいたちんぺいは
母と靴のサイズが同じになり

まだこの時は
産まれることすら
予想してなかったかんたが


60cmの竹馬にのり
くるっと逆上がりを披露し

カッコ良く
キッズソーランを踊り

小さいながらも
『お兄ちゃん達速いっ!』と
見ている保護者を
関心させてくれました


なんか
感無量だぁ

まだまだ子育ては続くけど

元気に育ってくれてる
子供達に

支えてくれてる
ママ友達に

一緒に戦ってくれてる
トトロに



感謝!

頭と気持ちと文章の整理に
時間がかかりましたが…


先週日曜は総合グランドで野球なり

トトロは高学年に駆り出される
とんきちの引率で7時から出動


低学年は
時間は9~17時


ちんぺいを
お任せするには
かなりロングラン


途中から
高学年と合流するしね


スイミングだから
一時間位早退になるしね



なもんで
ついて行きました


ちんぺいのいる
二年生を見守り

おかん球拾いと声かけ

おかん『次誰?声は?』
うるせーばば全開!

ようやく昼ご飯になり
高学年が合流


五年生が入ると共に…


罵声氏『てめーらは
挨拶もできねーのかぁ!(゚Д゚)ドルア』

挨拶は、大事

指導してくださるのは
おおいに結構

が、
いきなり『てめーら!』かい?

と思いながらも
耳半分でとんちんかんに
おにぎり配給してたら…


『てめーはやめませんか?』
ちょっと切れ気味の声


声の主は
マネージャー


皆の心の声を代弁


罵声氏『おい、なんでてめーに
俺が指図されなきゃなんねーんだ?』


おや?
目がいっちゃってますが(*゚ロ゚)ヒェー


マネ『てめぇはダメでしょ?』



こ、こちらも臨界体制?




ふざけて
『ダメじゃーん?』モードで
間に入れる感じじゃないかも



二人が勃発しかかってる周りには
子供しか居ねーし


おかん咄嗟の判断



誰か呼ばねば(゚Д゚)ハッ



監督どこ?いた!


二人のやり取りを
汚い物をみるような目でみながら
おにぎり食べてるよ( -。-)


聞こえてて、それ???


こいつには
頼めないと思い


トトロを呼びに


連れて戻ると
罵声氏が何かを怒鳴っている


あんた来なくて良いよ!
必要ないし・・・
辞めて貰って結構!


子供達は
耳ダンボで聞こえないふり


大人達は
口を挟めないでいる


トトロが罵声氏に話しかけ
二人で話をはじめたけど
声のトーンは下がらず


離れた所で話せば?と
二人に伝える


トトロ『あっちで話そうか』

罵声氏『嫁さんに言われたから?』

トトロ『そういう問題じゃないだろ』

罵声氏『俺は動かないよ
誰の指図もうけないってば( ̄∇ ̄)』



ブチって音が
聞こえたかも…


トトロ『こいっつってんだろがぁ(゚Д゚)コラァ!』


さすがにこの声に
他のコーチ達も反応


ミイラ取り
ミイラになるの巻(T_T)



咄嗟に腕を掴んで
おかん『パパ、パパ!おちついて!』

トトロ『解ってる!』


トトロが監督を呼んで
コーチ会議


監督『チームは一つなんだから』


またそれ?
そんな綺麗な言葉一つで
収まる状態にみえちゃうか?

結局
罵声氏は

五年生のあの目を見たか?
俺を見て
『なんでこいつがいるんだよ』
目がそう言ってた

今の五、六年が
どんだけ言うこと聞かないか

そんな子供にしちゃった
今の体制はいかがなものか?

だから俺は俺のやり方でやる


と言いたかったらしい


確かに高学年の子供達は
罵声氏をなめきってる


が、体制の問題なのか?
君に原因はないのか?


耳半分で
トトロがキレないか話を聞きながら


かんたにご飯を食べさせ
近寄ってくる子供を


『会議中で~す』


で遠ざけてたら



『だって、暇なんだもん!』


確かに!


慌てて監督に声がけして
練習再開


主役は子供
事を大きくしちゃって
君たちの時間を無駄にしちゃって
ごめんね



何でこおなる???
意味がわからねぇ



やっぱり何かがおかしい


子供より
自分の立ち位置が気になるのは変



監督が
コーチをまとめる立場だと
気付いてないのが変


あんな目をしてても
トトロでなく
監督を呼ぶべきだったね、私


そして
至近距離にいて
『あたしはいかない方がいいね』と
去っていき


翌日
『誰があの怪獣どうにかして』
と笑って言っちゃう
罵声氏の奥様…


何度もお願いしていますが
彼をどうにかするのは
貴女の仕事では?

と、思うおかんも変?



どうしたら…
子供と楽しく野球したいだけの父と

子供の姿を
見守りたいだけの母でいられる?


そう考えると
現代表ファミリーの在り方が
唯一の答えに見えてくる…


ゆうこりん!
何でここにおらんねん!(笑)


先日
とんきちの担任から
電話あり( -_-)コンドハナニ?


担任君『二学期に入ってから
一回も宿題をやってこないんですが』

ぱぁどん(?_?;


では、おかんが毎日
ブチ切れながらやらせている
あれは一体ヽ(゚Д゚)ナンナンダ



おかん『連絡帳にかいてあることは
確認してるんですが
具体的にはどんな宿題ですか?』



担任君『漢字ノートがなくて
できないと本人は言ってます』



連絡帳には
漢字の宿題が書いてあったことは
二学期にはいって
一度もございませんが…


時々とんきち以外から
漢字の宿題を耳にして
やらせたことはあるものの
ドリルに書き込んで
『終わったよ』


ノートはいつ使用???


おかん『宿題の完成形が
解らない状態で
チェックしておりました
申し訳ございません
やり方を教えていただけませんか?』


謝ってはみたものの…


一度もと言われましたが
漢字の宿題を確認したのは二、三回



なんか腑に落ちず



本人に聞いても
とぼけるだろうから


おかん聞き込み開始


そして…

漢字はほぼ毎日宿題あり
お手伝いなんて宿題はでたことない

という
驚愕の事実判明(゚◇゚)ポカン



連絡帳、
書き換えてる?




兎に角、もう
連絡帳は先生のサインがなければ
書いてある内容は信じられない

そして
もう嘘は懲り懲りだと
話をした


信じられなければ
何か起きた時に
守ってあげられない事も伝えた


が、
サインなし。


こっちも意地になる


一日目
ママ友におかんがメールで聞いた
聞いた宿題を
半切れでやらせる

『忘れた』は
もう許せないと伝えた


二日目
友達に電話で確認させる
聞いた宿題を泣きながらやる


おかんが帰ってからだと
遅い時間からのスタートになるから
見たいテレビも見れないでしょ


三日目
会社を出てすぐ電話してみる

おかん『今日は連絡帳書いた?』

とん『学校に持ってくのを忘れた』


。。。(-_- )


おかん『じゃ自由帳に書いたの?』

とん『自由帳も忘れた』

おかん『どこに書いたの?』

とん『書いてないけど、覚えてるし』

。。。(-_-#) ピクッ


おかん『まだ五時だから、
連絡帳書いて持って学校いって
サインもらってきて』

とん『ムリィ~( ̄△ ̄)』



。。。(゚Д゚)ドッカーン!



おかん『ママももう無理!
帰んないから!』


タイミングよく
お友達からメール


この方
いつもおかんの心の救世主なのさ


保育園でかんたを拾って
二人でプチ家出計画

とばっちりのちんぺいに電話


おかん『ママ、兄ちゃん許せないから
今日はまっすぐ帰んないから
ちんぺいはどうす…』

ちん『えっ!?(゚◇゚)
兄ちゃん、ママ帰んないって』

おかん『だからぁ、兄ちゃん!
じゃなくちんぺいはどうする…』

ちん『兄ちゃん
泣いちゃったじゃんかよヽ(゚Д゚)ノ』

おかん『兄ちゃんは…』

ちん『ママのバカ!』

ツー、ツー、ツー。。。


切られちゃったし( -。-)


プチ家出、決行!


いつもは
『大物大物~(≧▽≦)』

で一掃してくれる彼女も
『いい加減、マズイね( ・_・;)』


『泣き落とししてみたら?』
落としじゃなくて
既に本泣きで話してるよ(T_T)


『物でつる?』
一日二日しかつれなかったさ(T_T)


草食系のご子息に
『どうしたら真面目になると思う?』
『無理じゃないかな(^_^;)』

9年間の幼なじみに
言われちゃうと…
説得力がありすぎてツラいなぁ…


『近くで見てる分には
楽しみな子なんだけどねぇ
私なら鬱になるね』

貴女が鬱になることは
有り得ないと思いますが(笑)


結論もアイデアもでませんが
おかんは吐き出して落ち着いたよ

いつもありがとう


泣きながらの
二人からの電話で
家路につきました



翌日は
書いてサインももらったけど
学校に忘れてきたとか…

またプチ家出しましたが(^_^;)



やはり
この厄介さは
おかんの子だなぁとシミジミ…


おかんのモットー
『小さいことにこだわるな』


育てたように
子は育つんだよね


連絡帳は
徹底しよう


このままでは
ホントにまずいからね


昨日は
2日分の連絡帳のサインを
もらってきてくれましたが…


また学校から
着信がはいってますよ(*゚ロ゚)


今度は何~???(´Д`)





                   
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。